コンプレックスにならない方がおかしいAGA。男性ホルモンが原因で、発症すると特徴的なハゲ方をしてしまいます。

薬のネット通販

AGAは男性に最も多い薄毛の症状

AGAは男性に最も多い薄毛の症状

男性のコンプレックスとして思い浮かぶことと言えば当サイトでも紹介しているED。そして早漏。もう1つにはハゲてしまうことではないでしょうか?髪が薄くなってしまうとどうしても人の目がそこへ集まるのが気になりますよね?また最近は生活スタイルが大きく変わったため20代の方でもハゲる方が非常に多くなっています。若年層の方は髪が薄くなってしまうとかなり老けて見られてしまいます。年齢が若いことでより頭部に視線が集中してしまう事でしょう。

実は誰でも発症する可能性のあるAGA

脱毛症というのは色々ありますが男性、そして年齢に関係なく発症するのが「AGA」です。男性型脱毛症と言いandrogenetic alopecia、またはandrogenic alopeciaを省略してAGAと呼びます。思春期を超えた男性ならば誰でも発症する疾患で、進行性のため放置していた場合かなり髪が薄くなっていきます。

その原因は男性ホルモン、そして遺伝も関係があるようです。良く言われるように母方の祖父、そして祖母から。そして父親からも遺伝するそうです。なぜその遺伝がAGAと関係するのか?と言いますと、男性ホルモン受容体(ARとも)の数が関係しております。男性ホルモンとは全ての男性のみならず女性にも分泌されているホルモンです。

男性ホルモン受容体が多ければそれだけAGAの原因になるホルモンが結びつきやすくなりますよね。単純に考えれば至極当然のことだと思います。遺伝的要素とは「ホルモンの量」ではなく、「ARの多さ」によりハゲてきてしまうと考えられているのです。

AGAの原因

AGAの原因

男性ホルモンでなぜハゲてしまうのか?髪が薄くなってくるのか?という疑問ですが、男性ホルモンにはいくつかの種類があります。その中でも非常に強力な「ジヒドロテストステロン(DHT)」によりAGAを発症してしまうのです。元になるテストステロン自体には脱毛を促す力はありません。しかし「5αリダクターゼ」という酵素によりDHTへと代謝されると、ARと結合した場合ヘアサイクルを乱してしまいます。

ヘアサイクルとは髪の成長と脱毛の期間の事で毛周期とも言います。通常はかなり長い年月が必要で成長期、退行期、休止期と分かれます。しかし先程の経緯によってヘアサイクルが乱されることで成長期がかなり短くなりAGAの特徴である短く細い髪のまま成長が止まり、やがて抜けていってしまいます。なぜ頭皮が薄く見えるのかというと、髪の細さによって密度が少なくなり頭皮が透けて見えるため。なので髪が抜ける本数だけではなく、髪の太さも要チェックです。

AGAの特徴

AGAの特徴

続いてはAGAの特徴。非常に分かりやすく、もしこのようなものが見られればAGAであるといえるでしょう。まず頭頂部が薄くなるとその確率は非常に高いと言えます。しかし自分では確認しづらく、人に指摘されて初めて気付く部位ですのでそのショックは計り知れないかもしれません。ただ抜け毛の量が異常に多いものの、特に見た感じではその徴候が見られないのであればもしかしたら頭頂部がハゲてきているかもしれません。少し怖いかも知れませんが一度鏡でチェックしてみて下さい。

もう1つ髪が抜けやすい部位が生え際になります。いわゆる「M字型ハゲ」ともいわれ目立つため自身でも直ぐに確認が出来ます。前頭部にも要注意です。この部分の髪が抜け落ち、もし頭頂部も同様な事が起こっているとかなり広範囲に渡ってハゲてしまうため大変目立ちます。悪い意味で注目を集めてしまう可能性もありこれもまた精神的にダメージを負ってしまう可能性が高いです。

AGAの治療方法

AGAの治療方法

ではAGAを改善する方法とはどうすればいいのでしょうか?生活スタイルを改めることも重要です。食事を見直してみたり早寝早起きを実践してみたり。実感することはかなり先になるでしょうが効果的ではあります。しかしそれが本当に効果があるのかどうかやはり不安にはなりますよね?そんな場合薬を使うことで劇的に改善を図ることが可能です。いわゆるAGA治療薬を使用するのです。

劇的な効果を発揮するAGA治療薬

代表的なプロペシアや最近出たばかりのザガーロは男性ホルモンを抑える働きがあります。使うことで原因になる強力なホルモンが生成されなくなりますので脱毛が抑制されたり、あるいは遅くなったりします。ヘアサイクルも正されるため、成長期は健康な方のように太くコシのある髪に成長していけるでしょう。それにより頭皮の密度も改善されていきます。

もう1つ、ミノキシジルは髪の成長を促す成分となり発毛力を高めます。血管を拡張して血流を良くさせるため毛乳頭細胞、毛母細胞が活性化し成長を促すということです。しかしそのメカニズムは未だ不明とのこと。実はミノキシジルがどのように作用して髪を増やすのかは本当は分からないのです。恐くもあり、神秘的だと思います。

脱毛抑制効果と発毛効果でAGAの改善

脱毛阻止、そして発毛効果を持つこの2つのAGA治療薬を使うことで相乗効果が生まれます。作用するものが違うためだからです。特にAGAが進行している方にとってはおすすめされています。ですが最低でも半年は使っていかなければなりません。即効性は無いのでなによりも継続が大事。きちんと使っていれば必ず結果は出るはず。諦めずに一歩ずつ、改善に向けて歩んでいって下さい。