禁煙を成功させるためにはチャンピックスを使いましょう。ニコチンを含まないため、禁煙成功率がとても高い禁煙治療薬なのです。

薬のネット通販

禁煙治療薬で成功率を高める

禁煙治療薬で成功率を高める

禁煙は辛く険しい道のりです。昨今の風潮もあり禁煙をしようと思った方。年々価格が上がるため泣く泣く止める方。事情は人それぞれですがきっとそれは正しい決断です。タバコはたくさんの有害物質を含んでいます。その中の1つ、ニコチンはとても依存性が強く脳に達すると快楽物質であるドーパミンを放出します。それにより幸福感を得られ、またその幸福感を得たいと思うようになりその意志とは反しまた吸ってしまうのです。

しかしそれはチャンピックスを使うことで止められるかもしれません。今までの禁煙グッズなどよりも遥かに高い約80%の成功率を誇る禁煙治療薬(厳密に言うと禁煙補助薬)と言われているため。どうしてそれが可能なのでしょうか?こちらのページではその理由とどのようにして入手が出来るのかなどを解説致します。

チャンピックスとはどんな薬なのか?

チャンピックスとはどんな薬なのか?

チャンピックスはファイザー製薬から販売されています。製薬メーカーでも大手に位置し、かなり信頼性は高い薬です。有効成分はバレニクリン酒石酸塩といい全くニコチンを含んでおりません。今までの禁煙補助薬はニコチンガムとニコチンパッチしかなく、名前にもあるように少量のニコチンが配合されておりました。束位置付けていき徐々に吸う量を減らしていくというものです。しかし効率的にはあまりよろしくなく、やはりタバコを吸ってしまう可能性が高いものでした。

ニコチンよりも早く脳内に達することが出来る

チャンピックスはまず、ニコチンが含まれていない事で回帰する心配が軽減されると思います。そして有効成分のバレニクリンはニコチンよりも早く血中に溶け込み脳内にあるニコチン受容体に到達します。そしてニコチンと同じように快楽物質であるドーパミンを放出させるのです。

その放出量はごく少量なので、ニコチンのように依存するほどの効力はありません。逆に考えてみると、チャンピックスでニコチンに匹敵するドーパミンが放出されたら本末転倒ですよね。チャンピックスに依存してしまうことになってしまいますから。なので安心して使用出来るのです。

チャンピックスの服用方法

チャンピックスの服用方法

服用方法は少し変わっています。7日間だけは変わらずにタバコを吸っても良いというのです。それにより急に止めることで起こるニコチンの禁断症状も軽減出来るのです。1~3日目は1日1錠、0.5mgを服用します。続いて4~7日目は朝夕に0.5mgを1錠ずつです。この方法はきちんと守って下さい。いきなり1mgを服用してしまうと副作用が強く現れてしまうかもしれません。

そして8日目以降からはタバコは吸わないようにします。吸いたくなる気持ちが湧くかも?とお思いでしょうがチャンピックスのお陰でだいぶそれが無くなっているはずです。そして8日目以降は朝夕に1mgをそれぞれ1錠服用して下さい。恐らく途中、全く吸わなくても平気という期間があると思いますがそれでも止めずに最後まで服用しましょう。使い切らなければ結局元に戻ってしまう可能性が非常に高くなります。

チャンピックスで禁煙に失敗する方はここで油断している可能性が高いのです。タバコをまずく感じ、しかも全く欲しくならない。もう大丈夫だと思いますよね?しかしまだ治療は終わっていません。12週間きっちりと飲みきることで初めて成功と言えます。そしてその間には口唇欲求も起きてしまう可能性も。口に何か無いと寂しく感じてしまうというあれです。その場合はガムやアメなどで凌ぎきりましょう。口唇欲求も実はタバコをやめられない理由として大きなものだと痛感するはずです。

チャンピックスで起こる副作用

チャンピックスで起こる副作用

チャンピックスを使って起こる副作用は吐き気が最も多いといいます。ただその場合は食後に服用することでかなり軽減が出来るそうなので試してみて下さい。特に朝、起こりやすいです。その他の症状には眠気、食欲不振、頭痛などが起きることがあります。基本的にはこのように軽微なものしか起きませんが、重度なものも発生する可能性があります。

脳に作用するため悪夢を見たり、精神障害、抑うつ、不安、そして自殺衝動が起きたりするそうです。滅多には起きませんがもしその兆候が現れたらすぐに医療機関へ行き医師に相談しましょう。

チャンピックスの通販

チャンピックスは処方箋医薬品です。そして条件によりまが保険適用される薬です。まずその条件とはこちらになります。

  • ニコチン依存症テストで5つ以上の項目に当てはまる
  • 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数=200以上
  • 1ヶ月以内に禁煙を始めたい
  • 禁煙治療を受けることに同意

以上の条件です。全て当てはまる必要がありますが、もしあてはまらなくても保険適用外で処方はしてもらえます。しかしその場合12週分チャンピックスが必要ですし、処方料や診察費など多くの費用がかかります。全てをプラスすると約60000円は必要になる計算です。これ、非常にきついですよね?いくら禁煙をしようと固い意志を持っていても最終的にはやはりお金の面が気になります。

じゃあどうすればいいのか?このまま自力で禁煙をするしかないのか?とお思いでしょうがご安心下さい。通販を使えば保険適用起用されない場合の値段よりも割安で購入出来ます。海外の薬を購入出来る通販サイトですので、利用する場合個人輸入という形式になります。そのため処方箋が必要無く、医療機関へ行かなくてもチャンピックスを手に入れられるのです。処費用をカット出来るため、負担は軽くなります。

12週間分で約40000円前後となり医療機関と比べると20000円も安くなります。この差もまた非常に大きいと思いますが、実は保険適用外の場合も近い価格なんです。諸費用込みであの価格となるため、時間もお金も節約できる通販がいかに便利であるかが分かります。使い方も全く一緒なので心配はいりません。ただ到着日数に時間がかかるのでその点だけは注意して下さい。