性病はフェラチオでも感染する病気です。オーラルセックスだからと侮ってはいけません。

薬のネット通販

性病はフェラチオ(オーラルセックス)でも感染しますのでご注意!

性病はフェラチオ(オーラルセックス)でも感染しますのでご注意!

性病の感染について、セックスしてないから感染は無いだろう、フェラチオだけなら大丈夫だろうと考えている人は多いのでは無いでしょうか?

結論から言いますと、フェラチオ(オーラルセックス)だけでも性病はうつります。もちろんクンニリングスでもうつります。性病は細菌、ウィルス、寄生虫が原因で感染する病気です。何らかの形でこれらと触れる事があれば感染する危険性があります。粘膜がある部分では、実は目に見えない無数の傷が存在します。そこへ血液や精液を媒介にして細菌やウィルスが侵入し、感染する事になります。

男女どちらかが性病を持っていた場合、セックスだけでなくフェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスでの感染には十分に注意して下さい。

男性は身に覚えがある方もいると思いますが、風俗に通ってお土産をもらってかえるパターンがあります。風俗で働いている方は複数の客を対応しているので、感染する確率は非常に高いです。お店によってはコンドームは付けなくていいという心使いをしてくれる所もあり、難しいとは思いますが十分に注意した上で楽しむようにしましょう。

男性がオーラルセックスで感染する恐れのある性病は以下のものがあります。

  • クラミジア
  • 淋病
  • 性器ヘルペス
  • 梅毒

それぞれどういった症状か後で説明がありますのでご確認ください。他の性病でカンジダ(包茎カビ)、毛じらみなどもうつる可能性があります。

性病の種類と症状

性病の種類と症状

性病は性行為(つまりセックス)やそれに準ずる行為によって感染する病気の総称です。種類はいくつもあり、また対処方法もそれぞれ違います。軽視されがちであり、放置してしまうと男女とも不妊症へ発展したり死亡する可能性もあるとても恐ろしいものとして認識を改める必要があります。

現在では性病というよりも性感染症、またはSTDという呼び方もされているようですが依然性病という呼ばれ方も定着しています。異性との性行為はもちろんのこと、同性同士(特に男性)、そしてオーラルセックスによっても感染します。細菌やウイルスなどが原因で、治療を行うには抗生物質や抗ウイルス薬を使う必要があります。

性病は減少傾向にありましたが、近年徐々に増えてきだしているようです。初体験を済ませる年齢が早くなったり、オーラルセックスが当たり前になっていたり(風俗店などの店もその一部)など理由はいくつか考えられます。そのため予防を確実に実行せねばなりません。その予防方法はいくつもあります。

性病を予防する方法

性病を予防する方法

まず1つ。100%予防できる方法としては性行為をしないこと。当たり前ですが感染を防ぐにはその行為自体をしなければ何も問題がありません。まさに究極の予防方法でしょう。しかし人間、誰でも性欲は湧いてくるものです。もしパートナーがいれば、もしお金に余裕があれば、それを発散してしまいますよね?我慢出来るのであればそれに越したことはありませんが3大欲求でもあります。まず実行できません。

そうであれば最も有効な予防法としてコンドームが挙げられます。あるいは不特定多数の異性と関係を持たないなど、いくらかその手段は自分で取れるはずです。体の抵抗力も関係しているので健康に気を使って下さい。調子が悪いのにセックスを行ってしまうと、原因になる細菌やウイルスに感染しやすくなるでしょう。自身のコンディションを見極めることも大事です

性病の種類

最後はもっとも重要な性病の種類について簡単にご紹介をしていきたいと思います。原因になる病原体はいくつかあるのですが、その中で感染者が多いものを選びました。しつこいようですが性病は放置していても治ることがありませんし、危険な状態になってしまうのでその治療方法についても簡潔ではありますがご紹介するので良く覚えておきましょう。

男性でも不妊症になるクラミジア

男性でも不妊症になるクラミジア

性病の中で最も感染者が多いと言われているのがクラミジアです。クラミジア・トラコマティスという細菌によって発症します。クラミジアは放置して重症化すると男性も女性も不妊症に発展する大変危険な病気です。20代どころか10代後半の男女にも多く見られると言うのですから、いかに対策なども追いついていないかが良く分かると思います。

その理由は自覚症状が少ないという点。男女とも初期症状に関して全く感染していることが分からないことが多々あります。その場合に不特定と関係を持ってしまったら、後はお分かりですよね。感染の輪が広がってしまうということです。そのため日頃から自身の状態を見極めて、予防策をしっかり立てることで阻止していく必要があります。

治療にあたっては抗菌薬のクラビット、抗生物質のジスロマックなどがよく使われています。性病治療薬には良く抗生物質や抗ウイルス薬が使われ、医療機関やネット通販を利用することで購入出来ます。特に性病の治療を行う際、恥ずかしいと思われる方が多いので通販を利用するのがおすすめです。しかし性病はいち早く治療が必要ですので、医療機関へ行くことをまず第一に考えましょう。

男性に多い淋病

男性でも不妊症になるクラミジア

続いては淋病。こちらもまた感染者が多く、クラミジアと良く似た症状を発症します。淋病のほうが膿の排出が多い傾向があるので判別方法の一つにはなるでしょう。またクラミジアとの同時感染も多いと聞きますので、こちらもまた侮ってはいけない性病です。

淋病も重症化することで不妊症へと発展する危険性があるためいち早く治療を行う必要のある性病です。淋病の治療もまた抗生物質を使います。スペクチノマイシン、セフォジジム、セフトリアキソンなどを使用します。特にセフォジジムがよく使われるようです。またクラミジアの治療に使うジスロマックやクラビットなどでも対応可能です。ただ的確に治療を行いたいのであれば最初に挙げた3つの抗生物質を使用して下さい。こちらもまた医療機関によって行える治療方法です。

性器ヘルペス

ウイルス性の性病と言えば性器ヘルペスが有名です。性器以外にも口唇ヘルペスであったり、帯状疱疹など症状の種類も様々です。初めて感染した場合、男性よりも女性の方が症状としては重く出やすいようです。性器周辺はおろか、膀胱や子宮頸部にも及んでしまう可能性があるため。そして発熱も伴うこともあるのでクラミジアや淋病と比較すると始めからかなりきついと思います。男性も同様に38度以上の熱が出てしまうことがあります。

そして再発しやすいのも性器ヘルペスの嫌なところです。これは男女変わらず。しかし初めて発症した場合と比較すると、とてもあっさりしておりごく軽い症状で済みます。ただもちろんその間にセックスをした場合相手に感染させてしまうので絶対にやめましょう。治療には抗ウイルス薬のバルトレックスなどを使います。

梅毒

梅毒

梅毒は時代劇に登場するなど古くからある性感染症の1つです。以前に比べると減少しましたが、最近になりまた感染者数が増加傾向にあるようです。原因菌である梅毒トレポネーマは感染力が非常に高く、1度の性行為で感染する確率は30%と言われています。セックス以外にもオーラルセックスやアナルセックス、キスでも感染する可能性があります。コンドームでも100%予防できないとされているので、可能性のある人との性行為はしない事が安全でしょう。

少しでも兆候に気づいたら直ぐに医療機関で検査を受け、治療する事が先決です。梅毒はHIVとの重複感染も多いので、不安な場合は同時検査を受けるのがおすすめです。家族や周囲の人に知られたくないという方には検査キットもありますので、一度試してみてはいかでしょうか。

感染の初期段階では小さなしこりやリンパ節の腫れが見られますが、痛みがなく自然に症状が消える為そのままにしてしまう方も多いようです。しかし病原菌が消えた訳ではなく、またしばらくすると発疹などの別の症状が現れます。

治療にはペニシリン系抗生物質のアモキシシリンやアンピシリン(ビクシリン)が使われます。ペニシリンにアレルギーのある方はミノマイシンや抗真菌薬のジスロマックを使用する場合があります。それぞれの薬は医療機関以外でも、ネット販売でも購入が可能ですので利用するのもおすすめです。