EDの症状について説明しています。精神面や体調面に関わる、4つのEDになる原因についても詳しくご紹介します。

薬のネット通販

EDの症状について

EDの原因と症状について

日本でEDに悩む男性は推定1200万人程度と言われています。4人の一人の割合とされ、珍しい症状ではなく誰にでも起こり得る病気です。
それではEDの症状とは具体的にどういうものなのかを改めてご説明していきましょう。実はこういったものもEDだったのです。その症状は3段階あると言われ、以下の3つになります

重度ED:勃起自体出来ない
中度ED:中折れや勃起に時間がかかる事が多い、性行為ができない事がある
軽度ED:たまに勃起が不十分で持続しない

やはり「完全にペニスが勃起をしない」という事がまず思い浮かびますが、これは重度の場合です。最終的にはこの状態になってしまいます。性的興奮があっても、または無くてもペニスが全く反応をしないわけです。男性として計り知れないダメージを負ってしまうのは明らかです。

軽度~中度が最も多く、実感をしやすいはずです。例えば中折れが最もいい例ではないでしょうか?実は初期症状として判別できる現象で、よく起きていればEDであるとはっきり言えます。たまたま萎えてしまった、ではなくもしかしたら何か異変が合ったのではないか?と考えればすぐに対処出来るはず。

その他には自慰行為では勃起、そして射精まで終えられるものの女性を前にすると緊張してしまい勃起が出来ない場合。勃起をするのにとても時間がかかってしまう。または一応その反応は起きるがあまり硬くならない。など本当に色々とあります。こういった症状が出た場合、何をすればいいか?原因を早く解明しそれに合った改善方法を実行する。その中でもED治療薬を使って改善を行うという方法が一般的です。

EDの原因とは?

コンプレックスは誰もが持っていると思います。男性であろうが女性であろうが関係なくです。容姿についてであったり、内面に関しても何がその人のコンプレックスになるか、それは自身にしか分かりません。しかし大きな枠として男性がそれを感じてしまいやすい疾患があります。EDです。勃起不全ともいい、英語ではerectile dysfunctionなので省略してそう呼ばれています。性行為をする際に十分な硬さの勃起を保つことができない、満足な性行為が困難な状態を指します。これは男性にとっては、かなりのショックで、刺さったらなかなか抜けない棘のように、心に留まり直ぐには消えないものです。古今東西の多くの男性を悩ませ続ける病です。
その原因や症状について色々あります。自らの不摂生によって発症する場合や、精神的な不調が起こることで発症してりする実はとてもデリケートな疾患です。男性は案外傷付きやすいのです。そういった面からも今回は主な4つの原因を簡単ですがご説明していきます。

器質性ED

器質性ED

1つめは血管や神経など、自身の体に異変が合った場合にEDヘ至る「器質性ED」です。特に中高年の方がこの原因によりEDを発症してしまうことが多いです。なぜならば体が段々老化していき、若いときのように機能を果たせなくなってしまうため。これはどなたでも起こり得ることですし仕方ありません。しかし年を取っても若々しい方も大勢いらっしゃいます。そういう方は食事なり、運動なりに気を使っている方だと思います。

特に器質性EDで気を付けたいことは「動脈硬化」でしょう。中高年の方が罹患しやすく、そしてEDを誘発してしまう原因として重く受け止める必要があります。これもまた血管が老化してしまうことで起きやすく、さらに食事の面も非常に大きいです。肉や油ものを主に食べているとコレステロール、中性脂肪が溜まってしまうため起こりやすくなるのです。勃起には血液が大変重要な要素になります。スムーズに流れないということはペニスへ流れにくくなるためEDを起こすと考えられています。

タバコもそうです。有害物質によって血管が収縮されてしまいます。当然その場合血液が流れにくくなります。喫煙者はこういったところでも悪い影響が出てきます。その場合は本数を減らすか、禁煙をして全く吸わなくなれば改善していくものと思われます。

機能性ED

機能性ED

2つめは特に若い方に多く見られる原因です。精神的に弱っていたり極度の緊張やこわばりによりEDへと至ってしまう「機能性ED」です。心因性EDとも呼ばれており、精神的に何かしら負担がかかってしまうと勃起をしづらくなってしまいます。その理由は最終的には血液の流れに結びつくわけですが、その過程に必要な神経に関わっております。

なぜ神経なのか?それは「性的興奮」をうまく神経、そして勃起中枢(脊髄)へ伝えられないがために体内で分泌される物質が少なくなってしまうからです。性的興奮は脳でまず感じ取ります。そこからその信号を神経を通じ勃起中枢へ届けます。その過程で一酸化窒素が発生し血管を拡張させて血流が活発になるわけなのですが、それが起きなければ血管はあまり拡がりません。

そうなると血流量もそこまで変わらないですよね。またサイクリックGMPが、海綿体(ペニスを構成する組織)の壁のような役割を果たしている平滑筋を弛緩させることでその道が開き一気に血液が流れ込むわけなのですがそれも起きません。自律神経も関係しており、緊張や不安を感じていると交感神経が優位なままなので勃起がしにくくなってしまうということです。

混合性ED

混合性ED

3つめは非常に厄介な原因です。器質性EDと機能性EDが合わさった「混合性ED」。先にご紹介した2つの原因が合わさるため原因究明に時間がかかってしまい、そして改善を行うにしても時間がかかります。そして混合性EDによって発症してしまう方が現在増えているそうです。機能性EDの例で上げた生活上のストレス、緊張などもそうですが器質性EDが原因で起きてしまう症状で悩むことでも混合性EDに発展することがあるようです。つまり考え過ぎにより起きるという可能性もあり、本当に厄介であるといえるでしょう。

薬剤性ED

混合性ED

4つめは「薬剤性ED」です。これは普段から使用している薬によって起きるEDのことで、若い方であれば抗うつ剤や睡眠薬を使用している方。中高年の方は先に例を上げた、器質性の起因となる高血圧の方が使う降圧剤(血圧を下げる薬)により起きる可能性があります。自身では判断がつきにくいので医師とコミュニケーションを取りながらの改善をしなければなりません。

その他はAGA治療薬や前立腺肥大治療薬でなる可能性もあります。抗アンドロゲン作用、つまり男性ホルモンを抑制する作用があるためそもそも性欲も低下してしまい、ED自体に何も感じないというパターンも多いです。

EDの症状には何があるのか?

EDに至る原因はこれだけあります。何が関わっているのか一見わからないものも多いので異常を感じた場合はすぐに医療機関で相談をしましょう。ではその原因で発症するEDの症状とは具体的にどういうものなのかを改めてご説明していきましょう。実はこういったものもEDだったのです。

勃起自体出来ない

やはり「完全にペニスが勃起をしない」という事がまず思い浮かびますが、これは重度の場合です。最終的にはこの状態になってしまいます。性的興奮があっても、または無くてもペニスが全く反応をしないわけです。男性として計り知れないダメージを負ってしまうのは明らかです。

中折れや勃起に時間がかかる

軽度~中度が最も多く、実感をしやすいはずです。例えば中折れが最もいい例ではないでしょうか?実は初期症状として判別できる現象で、よく起きていればEDであるとはっきり言えます。たまたま萎えてしまった、ではなくもしかしたら何か異変が合ったのではないか?と考えればすぐに対処出来るはず。

その他には自慰行為では勃起、そして射精まで終えられるものの女性を前にすると緊張してしまい勃起が出来ない場合。勃起をするのにとても時間がかかってしまう。または一応その反応は起きるがあまり硬くならない。など本当に色々とあります。こういった症状が出た場合、何をすればいいか?原因を早く解明しそれに合った改善方法を実行する。その中でもED治療薬を使って改善を行うという方法が一般的です。

ED治療薬を通販で購入し治療を行う

ED治療薬を通販で購入し治療を行う

ED治療薬はED治療の第一選択です。それほど今では当たり前に使われ浸透しています。一昔前ではその診察をすることが恥ずかしいという風潮でしたがだいぶ理解は深まったため(それでもまだ偏見はありますが)、幾分かはましになりました。それでもやはり恥ずかしく思う方は大勢いるでしょう。そのような方は特にインターネットを使えばED治療薬を購入出来るネット通販を強くおすすめ致します。

「誰とも顔を合わせることがない」のはもちろんのこと、「医療機関で処方されるよりも安く買える」という点も見逃してはなりません。通販を利用すればメリットを多く得られます。もちろん医療機関では医師というその道のプロがいるわけですから直に話を聞くことで大きな参考になるはずです。しかしインターネットが発達した今、医師自らがEDの原因や改善方法をブログなどでアップしている時代です。それを調べればある程度は分かるはず。今では色々な改善方法があるということです。

勃起の仕組み

ED治療薬を通販で購入し治療を行う

人間には食欲、性欲、睡眠欲の3大欲があります。何とも原始的で動物的なイメージがあり、勃起も同様に単純な構造のようにイメージしてしまいがちですが、これが意外と複雑なもののようです。近年になりED治療の為、勃起のメカニズムが解明されるようになりました。
古くは中世ヨーロッパ、あのレオナルド・ダ・ヴィンチが勃起について言及したと伝えられています。
脳が性的な刺激を受け、神経を介して陰茎に情報を送ります。すると神経から「一酸化窒素(NO)」が分泌され、「cGMP」と呼ばれる血管を拡張させる物質が作られます。これにより陰茎の海綿体の動脈血管が緩み血液が大量に流れ込みます。陰茎の内側は白膜と呼ばれる硬いゴムのような膜があり、血液でパンパンに膨れた海綿体を抑えつけ、血液が留まることにより勃起した状態になります。
さらに性的な刺激が続くと、陰茎の血管からもNOが大量に分泌され、cGMPが増え勃起が持続します。射精や興奮が冷めると今度は、「PDE5」なるcGMPの分解作用をもつ物質が分泌され、血管が閉じ勃起は終了します。これが勃起のメカニズムです。勃起とはなかなか複雑な働きの上に成り立つもののようです。
EDとはこのPDF5が増え過ぎる、NOが分泌されないことで、海綿体に血液が流れ込まなくなり、勃起が維持できなくなることです。

まとめ

ED(勃起不全)は「満足のいく性行為が出来る勃起が維持できない」状態を言います。主な症状に、完全に勃起しない、途中で萎えてしまう「中折れ」、勃起までに時間がかかる、自慰行為はできるのが性行為だと勃起できない、勃起しても硬くならないなどがあります。

EDになる原因は以下の4つです。

「器質性ED」「機能性ED」「混合性ED」「薬剤性ED」

これらはED治療薬を使用して治療するのが一般的です。最初は医療機関での診察、処方箋を出してもらうのが安心で確実でしょう。もし人と顔を合わせるのが苦手な方は、診療前に自分がどういった症状かネットの情報で確認するのも良い方法です。さらに他の治療方法や改善方法もあるようなので、情報として見ておくのもいいでしょう。

もう1つの方法として海外のネット通販があります。こちらを利用すれば、誰とも顔を合わせることなく、医療機関よりも安く購入できるので非常にお得です。